再び アスリートを目指して・・・・
    • 08«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »10
    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    津軽半島の旅・1日目
    2011年06月07日 (火) | 編集 |
    フェリーで海外の青森へ!

    今回は1泊なので、車は函館のフェリー乗り場でお留守番。

    青森でレンタカーを借りて、ねぷたの館を見た後、太宰治の生家・斜陽館へ。

    z-P6050027.jpg

    z-P6050050.jpg

    めっちゃ、楽しかった!



    津軽三味線会館

    z-P6050051.jpg

    めっちゃ、つまんなかった!



    そして、今回のメイン??

    金木のホワイトハウスと言われている吉幾三の家

    z-P6050053.jpg
    お母さんの為に建てた家らしいが、今は誰も住んでないみたい。
    本人が、昔TVで言ってた話。
    この家を見学するツアーがあったらしい。
    その団体が観光バスで来るので、バスをUターンさせる為に、町が道路を作ったとか・・・
    実際、ぐるりと回れる場所があった。




    芦野公園

    z-P6050057.jpg

    z-P6050056.jpg
    おさむちゃんで~~す!



    1個だけど、十三湖高原へ。
    山男は展望台に登ってるうちに、私は子供に交じって滑り台で遊ぶ。

    z-P6060095.jpg

    z-P6060096.jpg
    すんごい楽しいんですけど~~。
    近所にあったら毎日行くなぁ。



    お腹がすいたので宿へ。

    稲垣温泉・ホテル花月亭

    z-P6050061.jpg

    z-P6050064.jpg


    宿泊客が、山男と私二人だけだった。

    夜も朝も大浴場は貸し切り~~~。




    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    間違った~
    金町のホワイトハウスは吉幾三だった~
    でそれを二分するのがこの方でしたv-16
    http://japandeep.info/20100509/000612.html
    2011/06/07(火) 23:15:30 | URL | DUCK #-[ 編集]
    DUCKさんへ
    金木町は結構うろついたけど、全然判らなかったよ。
    2011/06/07(火) 23:27:12 | URL | かな #-[ 編集]
    姉さん!
    今日、発売の週刊プロレスに姉さんが!

    しかも、前回と違いプロフィールも!

    「永久保存版 全女レスラーカタログ100」

    必見です!

    プロフィールを見ると、学生時代の恩師と再会し結婚とありビックリ!

    山男の兄貴は、偉大な人だったんですね(汗)

    兄貴などと、馴れ馴れしく書き込んでしまい大変もうしわけなく反省しておりますm(__)m
    2011/06/08(水) 07:02:08 | URL | さとる #TY.N/4k.[ 編集]
    さとるさんへ
    週プロ情報、ありがとう!
    偉大かどうかは判らないけど・・・・
    兄貴で十分だよ。
    それにしても、週プロのヤツ、勝手にプロフを書かないで欲しい。
    「消息不明」って思われたいのにさ。
    2011/06/08(水) 12:52:21 | URL | かな #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。