再び アスリートを目指して・・・・
    • 07«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »09
    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スイスアルプス (4日目)
    2005年07月04日 (月) | 編集 |
    alps4-2.jpg
    グリンデワルドの谷を挟んで、左からシュレックホルン、アイガー、ユングフラウ


    今日は、グリンデルワルドからゴンドラでフィルスまで登り、谷を挟んで昨日歩いたオーバーベルナー三山を展望しながらの山上湖バッハアルプゼー往復の予定。


    alps4-1.jpg
    最奥に見えるファウルホルンを目指して歩く


    今日のハイキングルートは観光客もいなくて、我々以外のほとんどは外国人のハイカーである。



     1時間少々で下りとなり、ロートホルンの裾に山上湖バッハアルプゼーが見えるようになる。


    alps4-3.jpg
    山上の湖バッハアルプゼーからファウルホルンを望む



    alps4-4.jpg
    バッハアルプゼーから望む
    ベッターホルン、シュレックホルン、フェンスターホルン


    alps4-5.jpg
    ファウルホルンの頂上と
    ヨーロッパ最古の山上ホテルをバックに



    alps4-6.jpg
    ベルナー・オーバーランド三山をバックに
    左から、アイガー、メンヒ、ユングフラウ


    alps4-7.jpg
    ファウルホルンの頂上から
    反対側のトゥーン湖を見下ろす


    alps4-8-1
    ベルナー・オーバーランド三山をバックに昼食タイム
    アイガー中心に(愛が中心に)


    休んでいる内に西側からどんどん黒い雲が押し寄せてくる。
    50分ほど休んで下山を開始。
    下山開始後まもなく雨がぱらついてくるので、雨具を身につける。遠くで雷鳴も聞こえるようになる。午前中の天候からは予想もできない急変である。しかし、風もなく、雨足も弱いので心配はない。バッハアルプゼーを越えるころには雨も上がる。当初は湖から谷間のハイキングロードを下のロープウエイ駅まで歩くつもりであったが、雨のために諦めて、来た道を戻ることにする。


    alps4-11.jpg
    雨上がりの花畑の中の帰路


     帰りのゴンドラがちょうど我々の乗った3機が下の駅舎を通過中、突然止まる。どうやら落雷のために停電したらしく、20分ほどで動き出し、ホッとする。昼食タイムも入れて5時間半ほどの快適なハイキングを終えて、ホテルに到着。
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。