再び アスリートを目指して・・・・
    • 07«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »09
    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ニュージーランドの旅 10日目
    2007年12月26日 (水) | 編集 |
    最終日なので、午前中は自由行動。

    歩いてクライストチャーチの街を散歩


    z-PC150201.jpg
    有名な「追憶の橋」
    これは第一次世界大戦当時、戦場に向かう兵士達が家族や友人に見送られながらこの橋を渡ったと言う慰霊の意味を込めたアーチ型の門


    z-PC150204.jpg



    z-PC150208.jpg
    ハグレー公園を散歩





    z-PC150234.jpg
    路面電車のトラム

    z-PC150236.jpg
    オープンカフェの真横にも電車が通る。




    z-PC150226.jpg
    土曜日なのでフリマが開催。
    日本のフリマとは違って本格的に商品を売っていた。普通のお土産屋さんみたい。


    z-PC150222.jpg
    路上にはパフォーマーもいた。
    人間です。
    生きてます。
    ジッと見ていたがまばたきしないですけど~。
    目が乾くよ!!


    z-PC150224.jpg
    子供がいると、カクカク動いてポケットからアメを出して渡していた。


    z-PC150223.jpg
    このおばさん、サックス吹いたり、ブルースを歌ったりシブくてかっこよかった。
    すぐ横のオープンカフェで見入っている人たちがいたり、ビデオで撮影(盗撮?)してる人もいた。
    歌が上手くて座ってじっくり見たかったけど、山男はあまり興味がないようなので通過~~。


    z-PC150229.jpg
    これも有名な「大聖堂」
    大聖堂前の広場でもアマチュアの若い子たちのバンドが歌ってた。
    こっちはヘタッぴだった。

    z-PC150230.jpg
    屋台?で中国人が売っているチャーハンと


    z-PC150231.jpg
    ケバブでランチ


    z-PC150233.jpg
    大きなチェスをやってる人たちもいた。



    z-PC150216.jpg
    え~~、これに座るの~~?というトイレ。
    腰を浮かして用を足した。
    太腿ぷるぷる~~。


    そうこうしているうちに帰る時間になりました。
    専用車で空港へ


    クライストチャーチからシドニー行きの飛行機では、5時前に機内食が出た。
    もう飽きたので写真は撮らず!
    夕食後、時計をオーストラリア時間に2時間戻す。
    ゲッ、まだ昼の3時じゃん。


    つづく
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    やっぱり
    旅行の楽しみって、やっぱり食べ物と買い物だよね。でもこうして見てるとニュージーランドもかなり多国籍料理化されてるね。食べすぎに注意してねf^_^;
    2007/12/27(木) 10:09:02 | URL | まり #l8ENkApw[ 編集]
    まりちゃん
    ほとんど買い物はしてないの。
    私、物欲はなくなったから、今は食欲と睡眠欲しかないんだよ~~。
    なので、食べ過ぎて太って帰ってきたよ~~。
    2007/12/27(木) 22:15:50 | URL | かな #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。